太れない男は病気!?プロテインで太れる?

 

いくら食べても全然太ることができない…

 

ガリで見た目にも頼りないから、女性にも全然モテない…

 

太れない男は病気!?プロテインで太れる?

 

子どもの頃からずっとガリガリの身体で悩んでいる男性はいませんか。
見た目にも頼りなく、海やプールで水着になるのも恥ずかしい!

 

そんな時、もっと体重を増やして、筋肉をつけてガッチリした身体を手に入れたいですよね。
しかし、間違った方法で太ろうとしても、太るどころか、痩せてしまうこともあるのです。

 

太れない男性にありがちな「プロテイン」にも、実は太れない秘密がありました。
何故、太れないのか、太るために必要な考え方を見ていきましょう。

 

なぜ男なのに太れないの?病気?

 

身体が細いのが悩みの男性にとって、太るためにまずやることと言えば
「とにかく食べること」ですよね。

 

しかし食べているのに太れないのであれば、その方法は間違っているのかもしれません。
ここでは何故、太れないのかについて原因を探ってみます。

 

●摂取カロリーが消費カロリーを上回っていない

 

太るにはカロリーを摂取することは不可欠です。
しかし、カロリーは毎日の生活の中で、消費されていくのを忘れてはいけません。

 

私たちは毎日、カロリーを消費しながら、体温維持や呼吸といった意識しない所でも消費しています。
太るためにはこの消費カロリーを摂取カロリーが上回る必要があります。

 

食事から摂取したカロリーが1日に消費するカロリーより少なければ
エネルギー不足となり、不足分は脂肪を分解してエネルギーとして使用します。

 

その結果、食べているのに太れないという悪循環に陥るのです。
20代の平均消費カロリーは2500kcalです。

 

多くの場合、食べているつもりになっているだけで、1日の食事のカロリーは
2000kcalに満たないという場合がほとんどなのです。

 

●遺伝や体質的要因

 

子どもの頃からやせ形でガリガリな体型に悩んでいる人の中には
遺伝や体質によって胃腸機能が弱い、代謝が良すぎるという要因が考えられます。

 

胃腸などの消化器官が弱いと摂取した食べ物の一部は、栄養素として吸収されないまま
便と一緒に体外に排出されてしまいます。

 

食べ物が胃腸を通過するスピードが早いと、消化酵素に触れる時間や
栄養素が腸から吸収される時間が短くなるので、太りにくくなります。

 

代謝が良い人というのは、1日のカロリー消費量が多いことをさします。
どんなに食べても消費するカロリーの方が多い場合は、太ることはできません。

 

食べた分だけエネルギーとして消費されていってしまうのです。

 

●食事の方法が間違っている

 

世の中には太るための間違った方法が、いくつも漂っています。
例えば…

 

・1日2食にしてたくさん食べると太る
・あまり噛まずに早食いすることで太る

 

こういった間違った太る食事法を取り入れても、太ることはできません。

 

1日2食にすれば、その分、摂取カロリーが減ってしまうのは当たり前のことです。
結果、太りたいのに実は痩せる方向に向かっているのです。

 

また、噛まずに早食いをすると、食べたものが消化されにくくなります。
太るためには食べた食事の栄養素を身体に吸収させる方が良いのに、逆のことを行っていますよね。

 

特に痩せ体質の人は、胃腸の機能が弱い人が多いので
せっかくどか食いをしても、消化が間に合わず、栄養素になる前に排出されてしまいます。

 

もしも下痢などを起こしてしまえば、体重は想像以上に減ってしまいます。
このように間違った方法では、太るどころか痩せてしまう一方なのです。

 

プロテインでは太れない理由とは?

 

よく太るために「プロテインを飲めばいい」と考える人が多いです。
プロテインといえば筋肉モリモリのマッチョの人が筋肉を付けるために飲むイメージです。

 

確かに筋肉が付けば体重は増えますし、身体もガッシリしてきます。
しかし、痩せ体質の多くの人はプロテインを飲み始める物の、1ヶ月もしないうちに飲むのを辞めてしまいます。

 

理由は簡単です。
飲み続けても効果が出ないからです。

 

何故プロテインでは太れないのでしょうか。

 

まずプロテインの役割は筋肉を付けたい人に特化したもので
効率的にタンパク質を摂取するための粉なのです。

 

プロテインは筋肉を付けたいけれど、食事からタンパク質を摂取すると
余計な資質や糖も吸収されてしまうので、タンパク質だけを摂りたいという場合に向いています。

 

筋肉を付けたい人の多くは、筋肉をキレイに見せるために減量し
余計な脂肪を付けたくないのが本音です。

 

ですから、筋肉を付けたい人に向けたプロテインは、痩せたい人が飲むものであり
太りたい目的で飲むのには向いていません。

 

プロテイン=太るという考え方は今すぐやめましょう。

 

次に、痩せ体質の人は胃腸が弱いという特徴があります。
プロテインはタンパク質が豊富な分、胃腸に負担がかかります。

 

ですから、痩せ型で胃腸が強くない人にとっては、飲むと具合が悪くなることがあります。
胃痛や胃もたれで済めば良いですが、下痢になってしまっては元も子もありません。

 

通常の食事で摂取した栄養の吸収率も下がり、いくら食べても太らない状況が生まれます。
プロテインは胃腸が丈夫な人が飲むものなので、胃弱の人が飲むには向いていません。

 

太るために必要な事とは?

 

太れない男は病気!?プロテインで太れる?

 

太りたいといっても、もちろんお腹だけが出ているような
「デブ」にはなりたくないですよね。

 

体重が増えて、且つほどよく筋肉の付いた健康的な身体を目指したいはずです。
痩せ体質の人が、健康的に太るためには、体質改善をする必要があります。

 

食べた栄養素を効率よく吸収できる体質に改善すれば、太ることに繋がります。
その為に何が必要かというと「アミノ酸」です。

 

アミノ酸は食べたものを消化・分解するだけでなく、栄養を吸収させるという働きがあります。
アミノ酸を意識的に摂取することで、今まで体内に吸収されていなかった栄養素も上手く吸収されるようになります。

 

またアミノ酸の多くは体内でタンパク質に結合されていくので
筋肉を増やす意味でも適切といえます。

 

実際に痩せ体質の人がアミノ酸を意識的に摂取するようになったことで
健康的に体重を増やすことが出来たという事例は多いのです。

 

アミノ酸は主に、肉・魚・豆類に含まれています。
しかし肉や卵は加熱することで固まってしまい、吸収効率を下げてしまうのです。

 

これでは十分なアミノ酸を摂取することはできません。
そこでおすすめしたいのはサプリメントで摂取することです。

 

サプリメントなら手軽に十分なアミノ酸を体内に取り入れることができます。
アミノ酸をサプリメントで摂取することで、今までの悩みが嘘のように太ることができるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

太りたいからといって、ただ食べる量を増やしたり、プリテインを飲むと言った方法は
痩せ体質で悩む人にとっては、逆効果になることが多いです。

 

プロテインは筋肉をつけ脂肪は減らしたいという人向けであり
胃腸に負担をかけるので、痩せ体質の人にはおすすめできません。

 

太るために必要なことは…

 

・アミノ酸で体質改善を目指す
・アミノ酸を摂取することで、栄養素の吸収を助ける
・サプリメントなら必要なアミノ酸を手軽に摂ることができる

 

事実、アミノ酸をサプリメントで摂取することで、驚くほど身体が変わったという声は多いです。
今までの常識を取り払って、チャレンジしてみませんか。

 

関連ページ

太る薬はありますか?【驚愕】副作用がヤバイ!?
体重が増えず、見た目にコンプレックスを抱えている人は意外と多いです。無理に食べてもうまく太れず、不健康になってしまうこともあります。そこで、手軽に無理せずに体重を増やすことができてしまう薬について紹介します。薬の種類や効力、使用法や注意すべきことをまとめました。
太るサプリのおすすめは?飲む時間はいつ?
太るサプリを飲むにもどうせなら、効率よく太れるように摂取していきたいですよね。そんな時に注目したいのが、サプリの選び方と飲む時間です。どんなサプリを選び、いつ飲めば効果的に太ることができるのでしょうか。ここではサプリの選び方と飲む時間に着目して、おすすめを紹介していきます。
胃腸が弱い人におすすめの食事とは?体重を増やしたい場合は?
胃腸が弱いと思い切り食事ができません。後で具合が悪くなると分かっているのに、ドカ食いやバカ食いはできませんよね。胃腸が弱い人にはどのようなことが起きているのでしょうか。胃腸が弱いい人が健康的に体重を増やすには、どんなことに注意すればいいのかをご紹介します。
デブエットとは?無理なく健康的に太る方法!
身体がガリガリで恥ずかしい、自分の体形に自信がない、太りたいのに太れないと痩せている事に悩んでる人は多くいます。周りにはうらやましいと思われがちですが、本人にとっては深刻な悩みです。そこで、ここでは痩せている人が健康的に太る事ができるデブエットの方法やデブエットの助けとなるサプリメントを紹介しています。