太れないのは腸の病気!?健康的に太るには?

 

もう少し太ったら?と何度言われただろう…。

 

痩せすぎて不健康そうに見られるのは嫌だ!

 

太りたいのに太れない!何が原因なの?

 

太りたい男

 

特にダイエットをしているわけではないけれども、痩せている。

 

ダイエットに励んでいる人達からは、羨ましいと言われるけれども、痩せすぎていると不健康に見られる上に異性からモテない原因にもなっている気がする…。

 

痩せるための方法はたくさんあるのに、それに比べると太るための方法は情報が少なく感じることも多いはずです。

 

健康的に太りたい!自信をもって水着を着たい!異性にモテたい!

 

そんなあなたのために、太れない原因、そして健康的に太る方法について調べてみました。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

太れない原因とは?腸の病気?

 

きちんと食べているのに、なかなか太れない。

 

食べたものは一体どこへ行っているの?

 

もしかしたら、太れない原因は腸の病気にあるかもしれません。

 

太れない原因となりうる腸の病気、あなたに当てはまる可能性はありませんか?

 

胃下垂

 

胃下垂は、胃の下部が垂れ下がってしまうことによって、食べ物の消化がうまくいかない状態のことをいいます。

 

厳密には胃の状態のことを指すので病気という分類にはなりません。

 

太れない人には「痩せの大食い」と言われる方もいると思いますが、これも胃下垂が原因であることがあります。

 

通常、胃はJ型になっており、食べたものを一度胃の中に留め、消化吸収する働きがあります。

 

しかし胃下垂になってしまうと、下部が垂れ下がりI型になってしまうために、胃の中に食べ物が留まりにくく、消化吸収がうまくいかなくなってしまいます。

 

また食事を少しとっただけで、膨満感を感じ、少食になってしまうこともあります。

 

そのため、摂取カロリーが少なくなり太りにくい原因となってしまうのです。

 

初期症状の場合は、腹筋を鍛えることによって胃が正常な位置に戻る可能性もあります。

 

過敏性腸症候群

 

特にこれといった異常が見られないのに、腹痛や下痢、便秘などの症状が現れるものを過敏性腸症候群といいます。
長時間電車に乗っていられず、すぐにトイレへ駆け込むこともあるため「各駅停車症候群」と言われることもあります。

 

ストレスなどが原因で発症することも多く、胃腸科を受診する患者にも割合の多い病気です。

 

過敏性腸症候群になってしまうと、腸の機能が低下し、食事をしてもなかなか吸収されにくくなってしまいます。

 

そのため人よりもエネルギー摂取が難しく、食べてもなかなか太れない身体になってしまうのです。

 

また、吸収率が悪いのであればたくさん食べよう!と食べ過ぎてしまうと、腸が耐え切れずに下痢を起こしてしまう悪循環が生まれてしまうことがあります。

 

寄生虫

 

最近ではほとんど見られませんが、回虫やサナダムシが原因で太れない可能性もあります。

 

この場合は下痢や脱水、貧血などの症状が現れることが多く、すぐに医療機関を受診することをオススメします。

 

太れないボクが太った方法とは?

 

様々な方法を試してみても太れずに悩んでいたボクが太った方法、それはサプリです。

 

健康栄養食品でもあるため、副作用もなく安心して始めることができます。

 

では、健康栄養食品であるサプリでなぜ太ることができるのでしょうか。

 

太るためには消化吸収率UPが必要!

 

太るためにサプリをとる、その目的は胃腸の状態を正常化し、働きを高める作用のある栄養素を補給することです。

 

胃腸の状態が正常になれば、食事の消化吸収率があがります。

 

そうすれば、太れない人でも太ることができるようになるのです。

 

太るためのサプリのポイントとなる消化吸収率を高めるために必要な栄養素は次の3つです。

 

消化酵素(アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼ)

 

消化酵素は、たんぱく質や脂質などの栄養素を分解する働きをもっています。

 

分解されると消化吸収率を高めることができ、太りやすい体づくりをサポートしてくれます。

 

亜鉛

 

亜鉛は、消化酵素の働きをサポートし、消化吸収率をあげる働きをしてくれます。

 

インスリンの分泌促進効果もあるため、ブドウ糖を筋肉や脂肪へ取り入れやすくなり、体重増加しやすく、筋トレの効果もでやすい身体へ導いてくれます。

 

また亜鉛が不足すると味覚異常などを引き起こすこともありますが、亜鉛を補給することで食事をより美味しく摂ることができるといったメリットもあります。

 

酵母

 

酵母は食べ物では発酵食品に使われているものです。

 

酵母を摂取することによって腸内環境が改善され、消化吸収率をあげることができます。

 

免疫力のアップにも作用し基礎代謝もあがるため、ただ太るだけでなく、健康的に太るために必要不可欠なものであると言えます。

 

サプリはいつ飲むべき?

 

サプリが太るために効果的であることは確かですが、効率よく太るためには飲むタイミングも大切です。

 

おすすめのタイミングは「食前」です。

 

太るためにサプリを飲む目的は、消化吸収率をあげることです。

 

そのため食事を摂取する前に飲むことによって、その摂取した食事の消化吸収率を上げ、より効果的に太ることができるようになります。

 

サプリなどは食後に飲むことが多いため、食前に飲むことを忘れがちになるかもしれませんが、習慣化できるようできる限り食前に飲むように心がけてください。

 

サプリは体重コントロールもしやすい

 

太るために飲むサプリは体重コントロールもしやすいのです。

 

カロリーをとにかくとる!といった太り方もあるかもしれませんが、そうするとたくさん食べることが習慣化してしまい、太り過ぎてしまうこともあります。

 

筋肉をつけて太ろうとしても、継続が難しく挫折してしまうこともあります。

 

しかしサプリの場合は、飲むか飲まないかの2つの選択肢のみですので、継続も簡単で、これ以上太り過ぎたくないなと感じた場合はサプリの量で調節をすることができます。

 

また消化吸収率をあげるだけでなく、基礎代謝をあげてくれるため、サプリを飲まなくなっても健康的な身体を維持しやすくなります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今までなかなか太れずに悩んでいたあなた、原因は腸かもしれません。

 

サプリで太ることができるポイントは、「消化吸収率をあげること」です。

 

自分自身の身体を外側からでなく、内側からサポートしてあげる。

 

それがサプリを飲むことで可能になるんです。

 

きっと太るためのサプリが健康的で魅力的な身体へあなたを導いてくれるはずです。